2017年1月16日月曜日

デザイン検証、消費者視線調査のアイトラッキングサービスを開始

トキワ印刷は、パッケージや印刷物のデザイン検証、消費者視線調査を目的とする、「アイトラッキング事業」を開始いたしました。<http://www.eyetracking-research.com/>
これまで、商品パッケージなどのデザインが消費者にどのように見られるかを定量的に調査する方法はありませんでした。そのため、商品が発売になって店頭に並んでからパッケージの見栄えが消費者の目にさらされ、売れ行きを左右することになりました。
この度開始するアイトラッキング調査により、「デザインが消費者にどう見られるか」を定量的に分析することが可能になります。
・A案, B案, C案の3デザインのうちどれが消費者の目に留まりやすいのだろうか?
・売り手の伝えたいことが、消費者にきちんと伝わるのだろうか?
・消費者はどこを見、どこを見ていないのだろうか。
上記のような課題を、事前に検証することで、より消費者に伝わりやすいデザインに修正することができ、商品の売れ行きにも大きく影響を与えると考えられます。

アウトプット例:

トキワ印刷では、このアイトラッキングサービスを多くの企業に利用してもらうため、1アイテム30,000円(税別)からというキャンペーン価格を用意いたしました。
トキワ印刷は、今後も商品パッケージの製造を核とし、商品の売れ行きアップが目指せるよう取り組みを進めてゆきます。

詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。

2016年10月26日水曜日

2016年9月16日金曜日


以前の投稿でJapanColor標準認証について触れましたが、弊社で印刷している全ての印刷物がJapanColor標準で印刷しているかといいますと、そうではありません。

JapanColor標準で印刷することが可能でも、お客様からの色の基準がJapanColor標準ではない場合が多く(カラーカンプに合わせる、校正刷りに合わせる等)その場合はJapanColor標準から外れた条件での印刷になる場合もありますが、その一定条件で安定した製品を製造する能力があることは確かです。

お客様でのカラーカンプ出力環境もJapanColor認証機器を使用し、機器の管理を行っていれば、ある程度色をマッチングさせることが容易になります。(あくまでも容易になるだけです)

JapanColorが全てではないと思いますが、少なくとも管理された環境のもと安定した品質で印刷を行うことが出来る事は印刷会社にとって最も大切なことではないでしょうか。

パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷
ケーキ箱・ケーキボックスならハコセレブ